緊急事態宣言はエロ動画で乗り切ろう

2020年05月22日

緊急事態宣言の発令で自宅待機を余儀なくされる中で、ホナミさんと言う女性と知り合いました。
日雇いだった僕もすっかり仕事に食いっぱぐれて、家に引きこもってエロライブチャットばっかりしていました。そこで出会ったのがホナミさんです。
きっかけは、某海外サイトに上がっていたエロ動画です。緊急事態宣言はエロ動画で乗り切ろう!とばかりに朝から晩までずっとエロ動画を見ていたのです。もちろん、お金はないので海外の動画サイトに上がっているものです(違法アップロードは止めましょう、ダメ絶対!)。
その中の一つに、あるカップルのハメ撮りがあったのです。そこに出てくる女性が僕好みの熟女で、男にカメラを向けられてアヘ顔しているのが最高でした。
そんなこんなでエロライブチャットを始めた時に、誰と会話しようかなーと相手を物色している時にホナミさんを見つけたのです。彼女がそのハメ撮り動画の女性と似ていたのですよね。
「あー、それ、たぶん私だわ」
チャットエッチ
おっぱいを放り出しているホナミさんはモニターの向こうから明るく笑っていました。
話を聞くと、リーマンショックの時に当時付き合っていたカレシが失職して借金を抱えて、その返済に充てるべく彼女とのハメ撮りを動画サイトに売ったのだとか。
「海外サイトに流れているなんてねー」と、ホナミさん自身は何とも思っていないようでした。
そんなホナミさんも今ではそのダメカレシともきっぱり別れて、会社勤めをしていたのですが・・・
「その手があったかあ。でも私とのハメ撮りなんて今はどこも買ってくれないだろうなあ」
あれから10年以上経って、今度はコロナショック。職場からは人員整理されて、今はこうしてエロライブチャットで日銭を稼いでいるのだとか。リーマンショックをエロ動画で乗り切ろうとしたホナミさんのカレシも、緊急事態宣言をこうしてエロチャでしのごうとしているホナミさんも変わりない気はします。
もっとも、ホナミさんのライブチャットオナニーで、僕は緊急事態宣言を乗り切っているわけです。買う人間がいるからそう言うことも考えるのですよね。緊急事態宣言はエロ動画で乗り切ろう!
テレフォンセックス掲示板
エロチャット